ASEANは「一帯一路の重点地区」 習氏が強調

ASEANとの博覧会にメッセージを寄せる中国の習近平国家主席(新華社=共同)
ASEANとの博覧会にメッセージを寄せる中国の習近平国家主席(新華社=共同)

 新華社電によると、中国の習近平国家主席は27日、広西チワン族自治区南寧で開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)との博覧会にビデオメッセージを寄せ、「中国はASEANを高品質の(巨大経済圏構想)一帯一路を建設する重点地区とみなしている」と強調した。

 米国との激しい対立が続く中、近隣国との関係を強める狙いがある。

 ASEANとデジタル分野で協力を深め「デジタルシルクロード」を打ち立てたいとの考えも示した。

 新型コロナウイルス感染症をめぐっては、中国でワクチンの接種が始まった後、ASEANの要望を積極的に考慮し、資金を提供すると述べた。救急医療物資の貯蔵庫建設や、公共衛生に関する応急連絡メカニズムの構築も表明した。

 習氏は「地域的な包括的経済連携(RCEP)」協定の署名を歓迎、早期の発効も呼び掛けた。(共同)