フジ「コロナ重症病棟 医師たちの闘い」新聞協会賞受賞 再放送も決定

フジ「コロナ重症病棟 医師たちの闘い」新聞協会賞受賞 再放送も決定
フジ「コロナ重症病棟 医師たちの闘い」新聞協会賞受賞 再放送も決定
その他の写真を見る (1/2枚)

 優れた新聞、テレビ報道に贈られる2020年度の「新聞協会賞」授賞式が26日、兵庫県神戸市で開かれ、フジテレビが7月11日に放送(関東ローカル)した「コロナ重症病棟 医師たちの闘い」の制作チームなどが受賞した。

 番組では、重症患者が入院する「自治医科大学附属さいたま医療センター」(さいたま市)の病棟内などで感染防止策を講じた上、のべ300時間に及ぶ撮影を行い、緊迫した治療の様子や医師の葛藤などを克明にとらえた。

 日本新聞協会は、授賞理由について「日本社会がコロナ禍に揺れる中で、知られざる医療最前線の実態を収めた映像は後世に残る優れた報道として高く評価」としている。

 「第73回新聞大会」で行われた授賞式には、ニュース総局報道局の佐野純報道番組部長が出席し、同協会の山口寿一会長から賞状とメダルが贈られた。

 ニュース総局では「歴史と栄誉ある新聞協会賞の受賞を大変光栄に思います。7月の本放送当時よりも感染が拡大し、重症者、死者も依然として減らない状況の中、この再放送がコロナ感染症の実態と医師たちの取り組みを改めて知る助けになればと考えています」とコメントした。

 番組は、12月12日午後3時50分から再放送(関東ローカル)される。

 フジが新聞協会賞を受賞するのは、16年度の「鬼怒川決壊『濁流に呑み込まれる家族』のスクープ映像」に続く5度目で、民放の最多受賞記録を更新した。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細