同居の兄殺害の男に懲役10年、「生命を軽視」 宇都宮地裁

 栃木県日光市で5月、同居する兄を殺害したとして、殺人罪に問われた無職、斉藤新三被告(56)の裁判員裁判で、宇都宮地裁(山下博司裁判長)は25日、懲役10年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。

 山下裁判長は「兄に精神疾患を疑わせる言動があったことから、他人に危害を加える恐れがあると感じ、殺害した」と指摘。兄の言動で精神的に追い詰められていたことを考慮する一方で、「警察や周囲の人に相談せず殺害した。生命を軽視している」と非難した。

 判決によると、5月20日、兄の博さん=当時(58)=の腹や胸などをナイフで突き刺し、首を絞めて殺害した。