女子は松生、男子は本田V フィギュア全日本ジュニア

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、女子は16歳の松生理乃(愛知・中京大中京高)が合計198・38点、男子は18歳の本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が209・48点でともに初優勝した。

 女子の松生はほぼミスのない演技で、前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となった。SP2位の吉田陽菜(木下アカデミー)はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、合計189・49点で2位。ジュニアより年齢区分が下のノービスから出場した12歳の島田麻央(木下アカデミー)が173・44点で3位と健闘した。

 男子はSP首位の本田が、フリーは3位ながら逃げ切った。SP5位の三浦佳生(コーセー新横浜プリンスク)が2種類の4回転を決めてフリー1位となり、合計207・71点で2位。三宅星南(関大)が3位だった。