関西の鉄道5社、最終赤字 利用者目線忘れずに 経済部・黒川信雄

 JR西日本、関西の大手私鉄4社は、令和2年9月中間連結決算で全社が最終赤字となった。JR西、阪急阪神ホールディングス(HD)の最終赤字は初。全5社が3年3月期に最終赤字を予想するなど、新型コロナウイルスの影響で運輸やホテルなど主力事業が打撃を受けている現状が改めて浮き彫りになった。各社は経営戦略の見直しにも着手したが、コロナ禍がいつ収束するかは見通せず、手探りの対応を余儀なくされている。

 中間連結決算の最終損益はJR西が民営化後初の1281億円の赤字に転落したほか、近鉄グループHDも314億円の赤字で、中間連結決算の発表を始めて以来最大の赤字となった。3年3月期も全社が赤字となる見込みだ。

 最大の理由は新型コロナによる運輸収入の減少だ。売上高の半分以上を運輸収入に依存するJR西は、その約5割を新幹線、約3割を近畿圏の在来線が占めるが、政府の緊急事態宣言の発令や企業の出張自粛、リモートワークの普及などで乗客が急減した。山陽新幹線は10月、乗客数が前年の半数以下にとどまった。