柳美里さん、全米図書賞の翻訳文学部門受賞 日本作品2年ぶり - 産経ニュース

メインコンテンツ

柳美里さん、全米図書賞の翻訳文学部門受賞 日本作品2年ぶり

柳美里さん
柳美里さん

 米国の代表的な文学賞、全米図書賞が18日(日本時間19日午前)発表され、翻訳文学部門で最終候補5作品の一つに入っていた福島県南相馬市在住の芥川賞作家、柳美里さん(52)の「JR上野駅公園口」の受賞が決まった。英訳版の題は「TOKYO UENO STATION」で、訳者は翻訳家のモーガン・ジャイルズさん。日本の作品の同部門受賞は2018年、ドイツ在住の多和田葉子さん(60)の「献灯使」以来2年ぶりとなる。

 「JR上野駅公園口」は、1964(昭和39)年の東京オリンピックの前年に福島から出稼ぎのために上京してきた男性の物語。妻や子を亡くし、やがて上野公園で寝起きするホームレスとなった男性の回想を通して現代日本の光と影が描かれる。

 日本では2014(平成26)年に河出書房新社から単行本が発売。英訳版は米誌「TIME(タイム)」が選ぶ「2020年の必読書100冊」にも選ばれている。

 柳さんは昭和43年、横浜市出身。平成5年に「魚の祭」で岸田國士戯曲賞。9年には「家族シネマ」で芥川賞を受けた。27年に東京電力福島第1原発事故で避難区域となった南相馬市に移住。30年には自宅を改装して書店を開いた。