IOCが安倍前首相に五輪功労章「金章」を授与 安倍氏「来年は人間の気高さをたたえる大会に」

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は16日、東京都新宿区の日本オリンピックミュージアムで、安倍晋三前首相に、五輪運動の発展への寄与をたたえる「五輪オーダー」(功労章)の最高位にあたる「金章」を授与した。日本人の金章受章は3人目。

 安倍氏は授与式で「(大会を)待ち望み成功させようと勇んでやまない全ての日本人に成り代わる思いで頂戴する」と語った。

 さらに、「(来年は)どんなにうちひしがれても、何度でもまた立ち上がる。人間の気高さをたたえる大会になる」とも述べ、新型コロナウイルス禍を乗り越えて開催することに期待感を示した。

 安倍氏は、感染拡大が続く中、IOCに大会の1年延期を提案した上で、開催への準備を進めたことなどが評価された。バッハ氏は「私たちが持つ緊密で個人的な絆のおかげで、大会延期という歴史的な決断を下すことができた」とたたえた。