飲酒検知拒否疑い米兵逮捕

 沖縄県警沖縄署は14日、道交法違反(飲酒検知拒否)の疑いで、米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属の2等軍曹スティーブン・ダンフォード容疑者(25)を現行犯逮捕した。逮捕後に応じた呼気検査で、基準値の約4倍のアルコールが検出され、署は同法違反(酒気帯び運転)の疑いでも調べる。

 逮捕容疑は14日午後11時55分ごろ、沖縄市仲宗根町の市道で呼気検査を拒んだ疑い。

 署によると、容疑者の乗用車とタクシーが交差点で衝突したとの通報を受け、署員が現場に行くと、容疑者から酒のにおいがした。