編集者のおすすめ

『心淋(うらさび)し川』西條奈加著 谷根千が舞台の感動連作

 その頭文字をとって「谷根千」と呼ばれる台東区谷中、文京区根津、千駄木。落ち着いた風情ある町並みや根津神社をはじめ神社仏閣が点在し東京の散策スポットとして人気のエリアです。

 西條奈加さんの最新作は、その「谷根千」で生まれるさまざまな生のドラマを描いた渾身(こんしん)の時代小説。舞台は江戸、千駄木町の一角に流れる「心淋し川」。小さくよどんだ川のどん詰まりには、古びた長屋が立ち並び、そこに暮らす人々が物語の主人公です。

 収録されている全6話について少しご紹介いたします。まずは「閨仏(ねやぼとけ)」。青物卸の大隅屋六兵衛は、不美人な妾ばかり4人を長屋に囲っていました。一番年かさで先行きが不安なおりきはある日、六兵衛が持ち込んだ張型を眺めるうち、いたずら心から小刀でそれに仏像を彫りだして…。このふとした思いつきが、彼女の人生を思わぬ境地へと運ぶことになります。

 続いて、「はじめましょ」。飯屋を営む与吾蔵は、仕入れ帰りに立ち寄る根津権現で、小さな唄声を耳にします。それは、かつて彼が手ひどく捨てた女がよく口にしていた、珍しい唄でした。声の主は小さな女の子。思わず声をかけた与吾蔵は、やがて、ほろ苦くも優しい真実にたどり着きます。

 どの物語の主人公も、恵まれた境遇とは正反対。人生という川のどん詰まりでもがきながら、懸命に生を紡ぐその姿が胸にしみいる感動連作です。ご一読後の谷根千散歩もおすすめです。ぜひに。

(集英社・1600円+税)

 集英社文芸書編集部 伊礼春奈

会員限定記事会員サービス詳細