共産・志位氏が中国指導部の香港弾圧を非難

記者会見する共産党の志位和夫委員長=12日午後、国会(原川貴郎撮影)
記者会見する共産党の志位和夫委員長=12日午後、国会(原川貴郎撮影)

共産党の志位和夫委員長は12日の記者会見で、中国の立法機関、全国人民代表大会(全人代)常務委員会が「香港独立」を支持するなどした香港立法会(議会)の議員の資格を剥奪するとの決定を採択したことを強く非難した。

志位氏は全人代常務委の決定について「(香港の)高度の自治を明記した香港基本法に反するまったくの逆行で、一国二制度の形骸化をさらに進めるものと言わなければならない」と強調した。その上で「中国指導部による香港に対する中国の直接支配を強める新たな弾圧措置を厳しく非難する」と表明した。「香港での人権抑圧を直ちに中止することを重ねて強く求めたい」とも語った。