「おっさんの意地を見せつける」 34歳長友、代表復帰で闘志 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「おっさんの意地を見せつける」 34歳長友、代表復帰で闘志

 パナマ戦に向け、調整する長友=グラーツ近郊((c)JFA)
 パナマ戦に向け、調整する長友=グラーツ近郊((c)JFA)

 オーストリアで合宿中のサッカー日本代表DF長友佑都(マルセイユ)が11日、オンラインで取材に応じた。代表招集は昨年11月以来で、慣れ親しんだ日本代表の練習着に袖を通し「代表は僕の原動力になっていると改めて実感した」と笑顔を浮かべた。

 逆風にさらされた1年だった。ガラタサライ(トルコ)では外国人枠規定によって登録を外れて、昨季限りで退団。新天地に選んだマルセイユでも定位置を約束されているわけでなく、日本代表の同僚でもある酒井らと出場機会を争う。

 それでも森保監督がワールドカップ(W杯)3大会連続出場中の34歳に寄せる信頼は揺るがない。「練習にも常に百パーセントで臨み、チームに活力を与えてくれる。背中でみせて若手の成長につなげてくれる存在」とピッチ内外の影響力に期待する。

 主戦場の左サイドバックでも若手が伸びてきた。体調不良で招集を辞退した10月の試合では、25歳の安西(ポルティモネンセ)や23歳の中山(ズウォレ)が奮闘。もっとも簡単にポジションを譲るつもりはなく、「おっさんの意地、魂を見せつける」とレギュラー死守を誓っていた。(奥山次郎)