硫黄島の戦没者追悼式、初の島外開催へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

硫黄島の戦没者追悼式、初の島外開催へ

摺鉢山=東京都小笠原村(代表撮影)
摺鉢山=東京都小笠原村(代表撮影)

 2万人を超える日本兵が亡くなった硫黄島で東京都が毎年度実施していた戦没者追悼式典について、都は11日、新型コロナウイルスの感染防止のために都民ホール(新宿区)で開催すると発表した。式典は昭和58年度から始まり、今回で38回目。島外での開催は初めてとなる。

 追悼式は18日午後1時からの予定で、遺族ら約40人が参列する。硫黄島で兄を亡くした安田京子さんが遺族代表としてあいさつを述べるほか、小池百合子知事も参列する見込み。

 硫黄島には、自衛隊員や建設会社の社員らが滞在している。追悼式の参列者には高齢者も多いことから、島外開催を決めた。