「1111」電車が出発、12個の1並ぶ…阪急大阪梅田駅 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「1111」電車が出発、12個の1並ぶ…阪急大阪梅田駅

阪急梅田駅を出発する車両番号「1111」の電車=11日午前、大阪市北区(南雲都撮影)
阪急梅田駅を出発する車両番号「1111」の電車=11日午前、大阪市北区(南雲都撮影)

 11月11日午前11時11分、阪急大阪梅田駅(大阪市北区)から、車両番号「1111」の神戸三宮行き普通電車が出発した。知る人ぞ知る阪急電鉄の「隠しイベント」で、約50人の鉄道ファンが発車を見守った。

 阪急電鉄によると、もともと時刻表に11時11分発の普通電車はあるが、日によって車両は異なる。「1111」車両は平成29年8月に導入。検査やほかの車両の使用状況も踏まえ、安全運行に支障がなければ、11月11日にはこの車両をあてている。

 ダイヤの乱れや急(きゅう)遽(きょ)整備が必要となった場合は別の車両に変えるため、大々的な宣伝はしていない。それでもファンを中心に知名度は浸透。昨年、阪急の公式ツイッターが写真を掲載すると、1万7千件の「いいね」がついた。

 「1」が並ぶこの日は「ポッキー&プリッツの日」。菓子を持って電車と一緒に撮影する人の姿も見られた。

 阪急の担当者は「1が並んでいる光景を見て、ほっこりしてもらえればうれしい」と話している。