森下、新人で防御率1点台 広島

広島・森下
広島・森下

 広島の森下暢仁(まさと)投手が11日、今季最終戦の中日24回戦(マツダスタジアム)に登板せず、防御率1・91でシーズンを終え、セ・リーグの新人では2012年の野村祐輔投手(広島)以来となる防御率1点台をマークした。

 大分商高-明大からドラフト1位で入団した本格派右腕。18試合に先発し10勝3敗で、新人王の有力候補に挙げられている。

会員限定記事会員サービス詳細