現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

立皇嗣の礼の次は旧宮家対策を 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

「立皇嗣宣明の儀」を終え、宮殿を出られる秋篠宮さま=8日午前11時47分、宮殿・南車寄(代表撮影)
「立皇嗣宣明の儀」を終え、宮殿を出られる秋篠宮さま=8日午前11時47分、宮殿・南車寄(代表撮影)

コロナ禍で大幅に延期されていた秋篠宮文仁親王殿下の立皇嗣(りっこうし)の礼が、11月8日、皇居・宮殿において厳粛に挙行された。

≪名実共に皇太子と同じ地位に≫

宮殿・松の間で行われた「立皇嗣宣明の儀」では、天皇陛下によって秋篠宮さまが皇位継承順位第1位であることが内外に宣明され、続いて鳳凰の間では皇太子の御印である「壺切御剣(つぼきりのぎょけん)」を秋篠宮さまが継承された。その後再び松の間で両陛下が秋篠宮さまにお会いになる「朝見の儀」が行われた。この立皇嗣の礼が恙(つつが)なく挙行されたことによって、秋篠宮さまは名実共に皇太子と同じ地位に就かれたことになる(退位特例法第5条)。つまり皇室典範第2条4号および退位特例法第5条により、法的にはすでに「皇嗣」となられていた秋篠宮さまが、一連の儀式を経られることによって、国民の目に見える形で「皇嗣」となられたことになる。

ランキング

  1. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  2. 【主張】中国の軍事演習 国交記念行事を中止せよ

  3. 【産経抄】8月9日

  4. 【長州正論】「自分の国、自分で守れ」本紙・矢板明夫記者ら

  5. 沖縄・反基地運動の実態を告発した男 ロバート・D・エルドリッヂ氏 「第2の一色事件」の真相を語る

  6. 【正論】いま求められる英国の指導者像 日本大学教授・松本佐保

  7. 【主張】革新炉の開発計画 国力浮上への「工程表」だ

  8. 【長州正論詳報】「安倍氏は闘う政治家」台北支局長ら講演

  9. 【浪速風】迫る日本有事

  10. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

会員限定記事