「拡大防止策に緩み」 感染者増加で埼玉知事

埼玉県の大野元裕知事
埼玉県の大野元裕知事

 埼玉県の大野元裕知事は10日の記者会見で、県内で新型コロナウイルスの感染者集団(クラスター)が発生するなど感染者が増えつつある状況を踏まえ、一部の飲食店などで「感染拡大防止策が緩んでいる」との認識を示した。

 「狭いスペースに多くの人が集まったり、マスクをしないで長時間話したりしてクラスターが発生した」と指摘し、改めて対応の徹底を促した。観光支援事業「Go To トラベル」の活用に関しても「感染防止措置がしっかりとられている観光施設を選んでほしい」と強調した。