「格の違い見せる」 井岡一翔が大みそかに田中との防衛戦発表

オンラインで会見した井岡一翔
オンラインで会見した井岡一翔

 世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(Ambition)が9日、オンラインで会見し、12月31日に東京・大田区総合体育館で同級1位の田中恒成(畑中)と2度目の防衛戦を行うと発表した。ともに昨年の大みそか以来の試合で、今年1月にWBOフライ級王座を返上した元世界3階級王者の田中は、男子では井岡に続く日本人2人目の世界4階級制覇が懸かる。

 6月のジム移籍後、初めてリングに上がる井岡は「さらに強くなった姿を見せたい。格の違いを見せられたら」と自信たっぷりに話した。日本人選手との対戦は八重樫東(大橋)に判定勝ちした2012年6月のミニマム級世界2団体王座統一戦以来。「相手も4階級制覇が懸かるが、日本人初の4階級制覇王者として必ず阻止しないといけない。日本人とやるのも久しぶりなので盛り上がれば」と意気込んだ。戦績は31歳の井岡が27戦25勝(14KO)2敗、25歳の田中が15戦全勝(9KO)。