【立皇嗣の礼】装束にマスク姿…コロナ対策凝らし厳粛に 宣明の儀 - 産経ニュース

メインコンテンツ

立皇嗣の礼

装束にマスク姿…コロナ対策凝らし厳粛に 宣明の儀

【立皇嗣の礼】装束にマスク姿…コロナ対策凝らし厳粛に 宣明の儀
【立皇嗣の礼】装束にマスク姿…コロナ対策凝らし厳粛に 宣明の儀
その他の写真を見る (1/6枚)

 皇居・宮殿「松の間」で8日に執り行われた「立皇嗣(りっこうし)の礼」の中心儀式「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」は、平成3年に天皇陛下が臨まれた「立太子の礼」を踏襲しつつ、新型コロナウイルス感染防止対策にも工夫を凝らし、儀式は厳粛に挙行された。

 コーン、コーン-。午前11時過ぎ、静まり返る松の間に、天皇の装束である「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包んだ陛下が入られた。古装束姿の皇后さまも続いて入られ、宣明の儀が始まった。

 秋篠宮ご夫妻も古装束を着用され、常陸宮ご夫妻をはじめとした皇族方は洋装で儀式に臨まれた。菅義偉(すが・よしひで)首相ら46人の招待者は、感染防止対策のため約1・5メートル間隔をあけて並んでいた。

 天皇、皇后両陛下を先導した宮内庁長官や式部官長は、装束にマスクを着用した異例の姿。両陛下とご夫妻はマスクを着用せず儀式に臨まれた。

 「文仁親王が皇嗣であることを、広く内外に宣明します」。陛下が厳かにお言葉を述べられると、秋篠宮ご夫妻がそろってゆっくりと両陛下の前に進み出られた。

 秋篠宮さまは、「皇嗣としての責務に深く思いを致し、務めを果たしてまいりたく存じます」と、手元の紙から時折、陛下へと目線を上げながら、決意を表明された。秋篠宮さまが一礼されると、両陛下はにこやかに会釈で応じられた。

 続いて、菅首相が「寿詞(よごと)」と呼ばれる祝辞を述べた後、両陛下がご退出。秋篠宮ご夫妻も退出され、宣明の儀は滞りなく終了した。

 宣明の儀の後、皇居・宮殿「鳳凰(ほうおう)の間」で、陛下が秋篠宮さまに「皇太子の守り刀」と伝わる「壺切御剣(つぼきりのぎょけん)」を授けられる行事も行われた。

 その後、宮殿を出た秋篠宮さまは午前11時50分ごろ、陛下の立太子の礼の際にも使われた「3号」と呼ばれる儀装馬車に乗り込み、宮中三殿にご移動。午後0時35分ごろからは、秋篠宮妃紀子さまとともに宮中三殿を順に回り、殿上で拝礼された。秋篠宮ご夫妻が皇嗣同妃として、殿上で拝礼された初めての機会となった。

 鳥のさえずりだけが響く静けさのなか、秋篠宮さまは天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる三殿中央の「賢所(かしこどころ)」の回廊をゆっくりと進まれた。背後には壺切御剣を持つ宮務官が付き従い、さらに後ろから紀子さまが続かれた。秋篠宮ご夫妻は賢所の前で一礼された後、殿上に上がって拝礼された。

 儀式には、ご夫妻の長女、眞子さまと次女、佳子さまをはじめとした皇族方も参列された。