【立皇嗣の礼】「おめでたい」沿道から秋篠宮さまにお祝いの声 間隔あけコロナ対策も - 産経ニュース

メインコンテンツ

立皇嗣の礼

「おめでたい」沿道から秋篠宮さまにお祝いの声 間隔あけコロナ対策も

【立皇嗣の礼】「おめでたい」沿道から秋篠宮さまにお祝いの声 間隔あけコロナ対策も
【立皇嗣の礼】「おめでたい」沿道から秋篠宮さまにお祝いの声 間隔あけコロナ対策も
その他の写真を見る (1/2枚)

 秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられたことを示す「立皇嗣宣明(りっこうしせんめい)の儀」が執り行われた8日、皇居や秋篠宮ご夫妻がお住まいの宮邸(東京都港区)のある赤坂御用地周辺を訪れた人たちからは、「おめでとうございます」などとお祝いの声が上がった。

 ご夫妻は午前9時15分ごろ、宮邸で長男の悠仁さまのお見送りを受けて車に乗り込み、皇居へ向けてご出発。新型コロナウイルス禍で「密」な状況を作るのを避けるため、平成3年の立太子の礼の際のような儀式的な車列を組まず、普段ご夫妻が皇居を訪問する際と同様に移動された。

 御用地近くの沿道には、ご夫妻のお姿を撮影しようと、一眼レフカメラやスマートフォンのカメラを構えた人たちの姿も。東京都世田谷区の中学3年生、斎藤駿仁(はやと)さん(15)と新崎稜真(りょうま)さん(14)は「お車に乗った秋篠宮さまを直接見ることができた」と興奮した様子。斎藤さんは「おめでたい皇室の行事の締めくくり。昨年から今日は絶対に来ようと思っていたので、うれしかった」と話した。

 これに先立ち、天皇陛下が儀式の挙行を宮中三殿に奉告するため、午前8時すぎに皇居・半蔵門を通過された際には、周辺に30~40人ほどが集まったが、警備関係者が間隔をあけて並ぶよう呼びかけるなど、感染拡大防止策がとられた。

 半蔵門に午前5時50分に来たという川崎市宮前区の白滝富美子さん(79)は「新型コロナウイルスの影響で一時はどうなってしまうのかと思ったが、無事に行われてよかった。皇族の方々も安心されたのではないか」とほっとした様子。「秋篠宮さまには、これからも頑張っていただきたい。おめでとうございます」と笑顔で祝福した。