【立皇嗣の礼】「国民は敬愛の念 こぞって喜び」…宣明の儀、菅首相の寿詞(よごと)全文 - 産経ニュース

メインコンテンツ

立皇嗣の礼

「国民は敬愛の念 こぞって喜び」…宣明の儀、菅首相の寿詞(よごと)全文

 謹んで申し上げます。

 天皇陛下には、本日ここに立皇嗣宣明の儀を挙行され、文仁親王殿下が皇嗣であることを内外に宣明されました。

 一同心からお祝い申し上げます。

 皇嗣殿下は、妃殿下とともに、天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下をお支えになられ、被災地御(ご)訪問や国際親善をはじめ、皇室の御活動に真摯(しんし)に取り組まれてこられました。

 国民は、こうした御活動を通じて、両殿下が人々に親しく接せられるお姿に敬愛の念を抱いており、こうして立皇嗣の礼が挙行されますことは、こぞって喜びとするところであります。

 ここに改めて皇室の一層の御繁栄をお祈り申し上げます。