JR西 福知山線脱線事故遺族らに車両保存の計画説明 

会見するJR西日本の長谷川一明社長=7日午後、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)
会見するJR西日本の長谷川一明社長=7日午後、兵庫県伊丹市(柿平博文撮影)

 乗客106人が死亡した平成17年のJR福知山線脱線事故で、JR西日本は7日、遺族や負傷者らを対象にした説明会を兵庫県伊丹市で開き、事故車両を保存する施設の整備計画の素案を伝えた。7両全てを現状のまま保存して社員の安全教育に活用する方針。令和6年秋の完成を見込んでいる。遺族からは「事故の重大さを学んでくれれば」などの声が聞かれた。

 JR西や関係者によると、素案では大阪府吹田市の社員研修センターに新たな建物(高さ約7メートル、広さ約1500平方メートル)を整備。温度や湿度を管理して事故車両の劣化を防ぐ。

 社員が事故の重大性を再認識できるよう、地下に安全教育の設備をつくり映像などで事故当時の様子が分かるようにする。令和5年に車両の搬入作業を始め、6年中に社員教育を始める計画という。

 JR西は昨年11月、遺族らに事故車両全てを社員研修センターで保存する案を示していた。現在は大阪市や兵庫県高砂市の施設で保管している。遺族や負傷者らの意見を聞きながら今後、一般公開するかや、兵庫県尼崎市の事故現場にある追悼施設「祈りの杜(もり)」などに移すかを慎重に検討する。

 長男の吉崇さん=当時(31)=を亡くした菅尾美鈴さん(71)は「悲惨な車両をあまり見たくはない」との思いを抱えつつも、「15年間つらい思いで歩いてきた遺族としては、車両が研修施設に保存されることで、若い社員たちが事故の重大さを学んでくれるのであれば、それでいい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細