誤認逮捕で業務指導、自白強要「なし」 滋賀

 乳児の腕にかみつき、けがを負わせたとして滋賀県警が母親(21)を誤認逮捕し、傷害罪での公訴(起訴)が取り消された問題で、県警の首席監察官が鑑識課を業務指導したことが6日、県警への取材で分かった。5日付。鑑識課の歯型の鑑定で母親の歯型を別人のものと取り違えていた。

 県警は当時の取調官らを調査し、母親側が主張していた自白の強要は認められなかったと結論付けた。

 監察官室によると、業務指導は懲戒処分よりも軽い訓戒や注意にも至らない内容。取り違えについて「故意ではなく、あくまでも過失」とし、鑑定を担当した職員の責任を問うことは難しいと判断した。一方で「組織的なチェック機能が作用しなかったため取り違えが起きた。改善が必要」として、業務指導とした。

 監察官室は発表しなかった理由について「懲戒処分や監督上の措置ではなく、発表の指針に照らして判断した」と説明した。

 母親は昨年秋に傷害容疑で逮捕され、傷害罪で起訴された。今年1月の公判で県警の鑑定官が歯型と傷痕が一致しない可能性があると認め、大津地検が追加で調査し、歯型の複製の取り違えが判明した。

会員限定記事会員サービス詳細