米大統領選

ミシガン、ウィスコンシンはバイデン氏 当選要件に近づく トランプ氏は集計停止求め提訴

【米大統領選】ミシガン、ウィスコンシンはバイデン氏 当選要件に近づく トランプ氏は集計停止求め提訴
【米大統領選】ミシガン、ウィスコンシンはバイデン氏 当選要件に近づく トランプ氏は集計停止求め提訴
その他の写真を見る (1/2枚)

 【ワシントン=塩原永久】米大統領選は4日、集計作業が進み、米CNNテレビによると、民主党のバイデン前副大統領が中西部ミシガン、ウィスコンシン両州などで勝利を確実にした。獲得した選挙人は4日午後7時(日本時間5日午前9時)現在、バイデン氏が253人と当選に必要な270人に近づいた。共和党のトランプ大統領は213人。トランプ氏は4日、東部ペンシルベニア州とミシガン州で、集計の一時停止を裁判所に求める法廷闘争を本格化させた。

 大統領選は538人の選挙人の過半数(270人)を獲得すれば当選となる。

 ミシガン(選挙人16人)、ウィスコンシン(同10人)両州はかつて製造業が盛んだった「ラストベルト(さびた工業地帯)」の一角で、前回選挙でトランプ氏勝利の大きな要因となった。バイデン氏は東部メーン州も制した。

 これで大勢が判明していない州は、ペンシルベニア(同20人)、南部ジョージア(同16人)、ノースカロライナ(同15人)、西部アリゾナ(同11人)、ネバダ(同6人)、アラスカ(同3人)の計6州となった。共和党が強いアラスカを除き、両候補が競り合っている。

 トランプ氏の選挙陣営は4日、ミシガン州で陣営担当者が集計作業を十分に監視できる態勢が確保されていないとして、同州の裁判所に提訴したと発表した。ペンシルベニア州でも集計に「透明性」が欠けているとして、集計作業を一時停止するよう要求。ウィスコンシン州では再集計を求める方針という。

 ペンシルベニアでは郵便投票の到着期限を6日まで延長した決定を覆すよう求める法的措置も求める。

 今回の大統領選では新型コロナウイルスの感染を防止するため郵便投票の採用が各州で広がった。ただ、ペンシルベニアなど激戦州の一部は、投票日の3日以降に届く郵便投票も受け付けるため、集計結果の確定まで時間がかかるとみられている。

 トランプ氏は選挙期間中から郵便投票の有効性に疑義を唱え、法廷闘争に持ち込む意向を表明していた。

会員限定記事会員サービス詳細