双子への傷害、一部逆転無罪 東京高裁、交際相手の男に執行猶予

 交際していた女性の双子の息子に対する傷害と暴行の罪に問われた元スポーツインストラクター、友弘修司被告(39)の控訴審判決で、東京高裁は5日、懲役3年とした1審判決を破棄し、長男に対する傷害罪を無罪とした上、懲役1年6月、執行猶予4年を言い渡した。

 被告は平成27年11月、東京都府中市の自宅前路上で、7歳だった長男と次男を植え込みに投げ込み、次男に歯を折るなどのけがをさせたほか、16年4月、同市の公園で長男の頭に強い衝撃を与える暴行をし、急性硬膜下血腫などのけがを負わせたとして起訴された。

 高裁の細田啓介裁判長は、長男への傷害事件について「外部からの力がなくてもけがを負った可能性があり、力が加わった時の状態も不明だ」と指摘。傷害罪の成立を認めた昨年12月の東京地裁立川支部判決を覆し、無罪とした。他の起訴内容はいずれも認定した。

会員限定記事会員サービス詳細