菅首相、「核兵器禁止条約を署名する考えない」 参院予算委

参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=5日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉首相=5日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は5日の参院予算委員会で、来年1月に発効が決まった核兵器禁止条約について「わが国の立場に照らし、条約に署名する考えはない」と述べ、締約国会議のオブザーバー参加にも慎重な考えを示した。立憲民主党の白真勲氏の質問に答えた。

 首相は条約の内容に関し、「核廃絶というゴールは共有している」と評価したうえで「核兵器のない世界を実現するためには核兵器国を巻き込む必要があるが、条約は米国などの支持が得られていない」と指摘した。

 同時に「引き続き立場の異なる国の橋渡しに努め、核軍縮の国際的議論に積極的に貢献したい」とも語った。