「源氏物語」定家本など名宝が福岡に里帰り 九州歴史資料館で特別展

「源氏物語」定家本など名宝が福岡に里帰り 九州歴史資料館で特別展
「源氏物語」定家本など名宝が福岡に里帰り 九州歴史資料館で特別展
その他の写真を見る (1/3枚)

 福岡県ゆかりの文化財でありながら、さまざまな理由で県外の博物館や美術館の所蔵となった考古資料や美術品の里帰り特別展「福岡の至宝に見る信仰と美」が、九州歴史資料館(福岡県小郡市)で開催されている。同資料館が太宰府市から移転して10年になる記念企画で、国宝6件、重要文化財22件を含む89件を展示している。29日まで。

(永尾和夫)

 東京国立博物館から27件の文化財を借り受けたのをはじめ、京都、奈良の両国立博物館など各地の博物館、美術館の協力を得た。古文書、銅鏡や経筒(きょうづつ)、芦屋釜(あしやがま)と茶道具などを7章に分けて展示している。

 目玉の一つは昨年発見された「源氏物語 若紫」。歌聖ともいわれた藤原定家が鎌倉時代に校訂したことから「定家本」と呼ばれ、現在普及している「源氏物語」の原本とされる。すでに確認されている定家本4冊はすべて重要文化財になっている。「若紫」は、もともと福岡藩主の黒田家にあったが、江戸中期に老中の大河内家に譲渡された。昨年10月、定家本と確認されたばかりで、九州では初の公開となる。「若紫」には定家が青い墨で校訂した跡が残っているという

会員限定記事会員サービス詳細