コロナ起源解明が停滞 中国が制約、WHOの姿勢も原因

スイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部(ロイター)
スイス・ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部(ロイター)

 2日の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、世界保健機関(WHO)による新型コロナウイルス感染症の起源解明が、独立した調査に消極的な中国政府と中国に迎合的なWHO指導部の姿勢によって停滞している、と伝えた。

 同紙は、これまでに訪中したWHOの調査チームには、感染拡大の源となった武漢市の野生動物を扱う市場の訪問が認められないなど多くの制約があったと指摘。

 こうした制約はWHO指導部が中国側と交渉、秘密裏に譲歩した結果であり、現在も「透明で独立した」起源解明に関わる調査が行われていないとした。

 中国政府は最近、ウイルスの起源解明を目指すWHO専門家らの現地調査を容認したが、解明に重要な野生動物市場や初期対応に関する調査は中国の専門家が一義的に行い、WHOは補完的な役割を果たすだけであるとの条件をWHOが受け入れたという。(共同)