トヨタがつくる次世代のロボットは、「家の片付け」も自ら学習する

天井から吊るされたトヨタのロボットが、カウンターの拭き掃除に取りかかる。PHOTOGRAPH BY TOYOTA RESEARCH INSTITUTE
天井から吊るされたトヨタのロボットが、カウンターの拭き掃除に取りかかる。PHOTOGRAPH BY TOYOTA RESEARCH INSTITUTE

 トヨタが家庭用ロボットの研究開発を進めている。家の中という予測不能な環境においてロボットが的確に動き、ものを壊さず掴めるようになる上で鍵を握るのは、正しい動きを学習する人工知能(AI)アルゴリズムだ。

TEXT BY WILL KNIGHT

TRANSLATION BY GALILEO

WIRED(US)

一見すると何の変哲もない家の中。天井から吊るされたロボットがスポンジをつかんだ両腕をゆっくりと伸ばし、キッチンの上を入念に拭いている。そのそばでは別のロボットが、薄型テレビをかすかに揺らしながら掃除している--。

この掃除ロボットたちは、カリフォルニア州ロスアルトスのトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)にある家を模した空間で暮らしている。このスペースでTRIの研究者たちは、家庭用ロボットという夢をついにかなえるべく設計された多様なロボット技術のテストを続けているのだ。

一般的な日本の家屋は、狭くてごちゃごちゃしている。それを見たTRIの研究者たちは、クリエイティブな解決策の必要性を痛感した。「何とかして天井を利用できないものだろうか? そうわたしたちは思ったのです」と、TRIのロボティクス開発責任者であるマックス・バジュラチャーリアーは語る。

トヨタがマサチューセッツ州ケンブリッジで運営する別の研究所では、ロボットたちが皿やカップを掴んで持ち上げ、食洗機に詰め込む練習をしている。ロボットたちが、ものを壊すことなく信頼できる動きを実現するために頼りにしているのは、ものを正しく掴む方法を学習する人工知能(AI)アルゴリズムだ。そしてロボットたちがものを掴むときに使うのが、TRIが開発した触覚をもつ柔らかいグリッパーである。

これらのロボットのプロトタイプの商品化は未定だ。しかしトヨタは、巨大化が見込まれるこの市場への早期参入を目指している。

クルマの専門技術を家庭に

トヨタは2015年、10億ドル(約1%2C059億円)を投資してTRIを設立した。クルマの生産に関する自社の専門技術を、より高度な家庭用・業務用ロボティクスに応用できると考えてのことだった。

TRIの最高経営責任者(CEO)であるギル・プラットによると、最新のクルマに搭載されているセンシングやコンピューティング、アクチュエーションといった技術が、シンプルなロボットの開発に役立つという。「クルマは外の路上で動くロボットなのです」と、プラットは語る。「クルマの目的は、人間の活動の幅を広げることです。わたしたちはロボットも同様だと考えています。ロボットは人間の活動の幅を広げるための存在なのです」

会員限定記事会員サービス詳細