宮城・塩釜のクレーン車横転死傷事故、運転していた会社役員を書類送検 - 産経ニュース

メインコンテンツ

宮城・塩釜のクレーン車横転死傷事故、運転していた会社役員を書類送検

 宮城県塩釜市の工事現場で昨年12月、クレーン車が横転し、男性5人が死傷した事故で、県警塩釜署は29日、安全対策を怠ったとして、業務上過失致死傷の疑いで、クレーン車を操縦していた同市内の会社役員の男性(52)=同県利府町=を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年12月18日午前7時40分ごろ、同県塩釜市新浜2丁目のホームセンターの新築現場で、クレーン車で作業をしていた際、安全対策を怠り、クレーン車を横転させ、近くの車の中で待機していた作業員男性=当時(41)=を死亡させたほか、4人の作業員男性に重軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、クレーン車の安定を図る鉄板を敷くなどして地面の陥没を防ぐ義務があった。調べに対し容疑を認めた上で「当日の朝の会合に間に合わせるため、(クレーン車の安定を図る)作業を怠った」などと話しているという。