神奈川でまた異臭騒ぎ、「ゴム焼けたような臭い」と通報相次ぐ

 神奈川県横須賀市で26日、「ゴムが焼けたような臭いがする」などの通報が警察や消防に約30件あった。隣接する横浜市金沢区でも同日午前、1件の通報があった。神奈川県内ではこれまでも同様の通報が相次いでいる。横須賀市では空気を採取しており、関係機関が成分を分析する。

 異臭騒ぎは6月以降、両市や三浦市で発生。横浜市と横須賀市で採取された大気を分析した結果、ガソリンなどが蒸発したガスに含まれる化学物質が検出された。県や横浜市は、いずれも直ちに健康に影響を及ぼすレベルではないとしている。横須賀、横浜両市の消防局によると、26日も異臭に伴う搬送者はいなかった。

 県は、環境省から大気採取機器を40台借り、調査態勢を拡充。現時点では、発生源は特定できていない。

会員限定記事会員サービス詳細