【ドラフト速報】DeNA1位、明大・入江の恩師 作新・小針監督「感動与えられる選手に」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ドラフト速報

DeNA1位、明大・入江の恩師 作新・小針監督「感動与えられる選手に」

】横浜DeNAベイスターズから1位指名され会見でフォトセッションに応じる明治大・入江大生(中央)。右は明大野球部の田中武宏監督、左は井上崇通部長=東京都府中市の明治大硬式野球部合宿所(撮影・桐原正道)
】横浜DeNAベイスターズから1位指名され会見でフォトセッションに応じる明治大・入江大生(中央)。右は明大野球部の田中武宏監督、左は井上崇通部長=東京都府中市の明治大硬式野球部合宿所(撮影・桐原正道)

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、DeNAから1位指名を受けた明治大の入江大生(たいせい)投手(22)を高校時代に指導した作新学院高(宇都宮市)の小針崇宏監督が産経新聞の取材に応じ、「感動を与えられる選手になってほしい」と期待を寄せた。

 入江は栃木県日光市出身で、作新では投手、一塁手として活躍。今井達也投手(現・西武)とともに、平成28年夏の甲子園で全国制覇を成し遂げた。大学入学後は投手に専念し、最速153キロの直球を武器に活躍している。

 小針監督は「(1位の)評価をいただいてありがたい。入江に関わった皆さんに感謝したい」と話した。高校時代からプロへの夢を持っていたといい、「目標を高く持ち、人一倍努力できる選手だった」と振り返った。

 今井に続く優勝メンバーのプロ入りに「他の仲間にとっても誇らしい」と喜ぶ。厳しい世界に身を投じることになる教え子に「人の縁を大切にして、チームの勝利に貢献し、ファンから応援される選手になってもらいたい」と激励のメッセージを送った。(根本和哉)