新型コロナ 東京都の累計感染者数、3万人を超える

東京都庁舎=東京都新宿区
東京都庁舎=東京都新宿区

 東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに124人報告されたと発表した。累計は3万人を超え、3万33人となった。都内では最初の陽性者が確認された1月から約半年経過した7月22日に累計が1万人となり、「第2波」による感染者の急増でその後1カ月余りとなる8月27日には2万人に到達。さらに3万人を超えるまでは約2カ月の期間だった。

 入院患者は前日から35人増の980人、うち重症者は3人増の28人。70代と80代の男性2人の死亡も報告され、死者の累計は447人となった。

 新規感染者のうち、30代が31人で最も多く、20代の30人が続いた。65歳以上の高齢者は14人。経路不明は60人だった。新規感染者の直近7日間の平均は1日当たり152・1人となった。

 都内では感染者数がほぼ横ばいの状態で推移しており、都は感染状況に関する4段階の警戒度を高い方から2番目の「再拡大に警戒が必要」としている。