住宅焼け跡から1遺体 さいたまの3人不明火災 - 産経ニュース

メインコンテンツ

住宅焼け跡から1遺体 さいたまの3人不明火災

 さいたま市中央区新中里の小林定博さん(84)方で発生した火災は22日午前7時5分ごろ、鎮火した。焼け跡から1人の遺体が見つかり、浦和西署は連絡の取れない小林さん、妻(86)、娘婿の修さん(61)のいずれかの可能性があるとみて確認を急ぐ。

 署によると、21日午後7時50分ごろ、通行人の女性が煙が出ているのを見つけ、119番した。木造2階建てと木造3階建てが連結した2世帯住宅が全焼。在宅していた修さんの息子(19)はやけどを負ったが、命に別条はない。修さんの妻(54)は外出中だった。

 現場はJR与野駅から西約800メートルの住宅や工場が混在する地域。

 浦和西署は22日、息子と説明していた修さんの続柄を娘婿と訂正した。