派閥会長辞任の石破氏「2晩寝ないで考えた」 次期総裁選出馬明言せず

自身が率いる派閥の会合後、記者団に派閥会長辞任を表明する自民党・石破茂元幹事長=22日午後、国会内(春名中撮影)
自身が率いる派閥の会合後、記者団に派閥会長辞任を表明する自民党・石破茂元幹事長=22日午後、国会内(春名中撮影)

 自民党石破派(水月会)の会長を辞任した石破茂元幹事長は22日夜のBSフジ番組で、来年9月の党総裁選に出馬する考えについて「菅義偉(すが・よしひで)政権ができたばかりだ。来週から臨時国会が始まる。皆で支えるのが当たり前。今から『来年は私が(出馬する)』とか言わない」と述べるにとどめた。

 一方、派閥の会長を退いて総裁選を目指せるのかと問われ、「昔は(当時の派閥領袖(りょうしゅう)を称して)『三角大福中』。全部首相になった。今は必ずしもそうではない」と述べ、一議員の立場から首相を目指していく考えもにじませた。

 石破氏は辞任を表明した22日昼の派閥会合を振り返り「珍しく紙を読んだ。2晩寝ないで考えた」とも明かした。

会員限定記事会員サービス詳細