関西大、サークルで集団感染 学生1900人を自宅待機 

関西大学=大阪府吹田市(本社ヘリから)
関西大学=大阪府吹田市(本社ヘリから)

 関西大(大阪府吹田市)は、新型コロナウイルスの集団感染があったと発表した。大学によると、学内の同じサークルに所属する10~20代の男女21人が陽性と判定された。大学は7学科の学生計約1900人に24日まで自宅待機するよう通知し、オンライン授業で対応する。

 関西大はサークルについて「感染予防対策を取っていた」とし、活動後の会食などで集団感染が起きたとみて聞き取り調査を進めている。

 濃厚接触者は7学科に計約70人いるという。関西大は「状況に応じてさらなる措置を取り、安全を図りたい」としている。

会員限定記事会員サービス詳細