親を処刑したオランダ、子に賠償へ インドネシア独立戦争

 オランダからの報道によると、同国政府は19日、旧植民地インドネシアの独立戦争(1945~49年)の際、オランダ部隊に親を処刑された子供に一律5千ユーロ(約62万円)の賠償金を支払うと発表した。

 同国の裁判所が今年3月、処刑されたインドネシア人11人の子らの訴えを認め、賠償金支払いを政府に求めたことを受けた決定。

 子供たちは、親の処刑場面を見ることを強制されたこともあったという。(共同)