処理水の海洋放出方針「国民的議論まだ」 宮城知事

 宮城県の村井嘉浩知事は19日の定例記者会見で、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質を含む処理水の海洋放出方針を政府が固めたことに関し「政府から情報がなく、突然報道が出て非常に戸惑っている。少なくとも国民的議論がなされたとは受け止めていない」と述べた。

 処理水を保管できる敷地が限られ、近いうちに何らかの対応は必要としつつ「原発事故の風評被害が一部の外国で残る中、こうした議論をしないといけないのは残念だ」と指摘。「海洋放出は福島や隣県だけでなく日本全体に影響が及ぶ。全国知事会でも議論が必要だ」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細