用心棒代恐喝疑い 暴力団組長らを逮捕 神奈川

 天皇陛下のご即位を祝う行事の用心棒代として、みこし会から現金を脅し取ったとして、県警は恐喝の疑いで、茅ケ崎市幸町の指定暴力団稲川会系組長、熊沢義夫容疑者(69)と、みこし会の上部団体会長を務める寒川町小谷の会社員、渡辺勝己容疑者(53)を逮捕した。熊沢容疑者は「現金を受け取ったことは間違いないが、脅してはいない」と供述、渡辺容疑者は「そのようなことはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年10月4日、寒川町の飲食店で、地元のみこし会2団体から現金計10万円を脅し取ったとしている。

 みこし会は、みこしの担ぎ手たちでつくる団体で、関係者からの情報提供があり、発覚。2人が以前から用心棒代を脅し取っていた疑いがあるとみて調べている。

会員限定記事会員サービス詳細