箕輪城址の観光拠点、箕郷矢原宿カフェが10日オープン

箕輪城跡(高崎市箕郷町)の観光拠点となる「箕郷矢原宿カフェ」がオープン(同市提供)
箕輪城跡(高崎市箕郷町)の観光拠点となる「箕郷矢原宿カフェ」がオープン(同市提供)

 国指定史跡で日本百名城にも選ばれている箕輪城跡(群馬県高崎市箕郷町)の観光拠点となる「箕郷矢原宿カフェ」=写真(同市提供)=が10日、オープンする。

 もともとは、同町矢原地区の大正期に建てられた養蚕住宅で平成30年に同市が寄付を受けた。同市では「観光客をもてなす拠点とともに地域の憩いの場として活用しよう」と、約2800万円をかけて改修工事を行ってきた。

 木造瓦ぶき2階建てで、1階部分の土間や和室、縁側などを開放。地域のボランティアが運営を担い、団子やコーヒーなどを販売する。利用時間は午前10時~午後4時で、月曜日と年末年始は休館。

 同市は箕郷町エリアの観光活性化策に力を入れており、昨年10月には初めての散策ガイド「箕輪城周辺まちあるきガイド『箕輪城てくてくマップ』」を作成。カフェは活性化策の第2弾となる。