静岡リニア着工問題膠着「水資源は折り返したが、生態系議論進まず」

 --JR側の今の説明では足りないのか

 「科学的根拠が分からない」

 --湧水流出に関する許容範囲はあるのか

 「トンネル湧水を一滴も漏らすなとゼロリスクを求めるのは無理な話。どこかの段階では一定程度のリスクはやむを得ない。それはもっと議論が詰まってからの話だ」

 --静岡県としてはルート変更すればいいのか

 「日本全体の経済もある。ルートを変えるかどうかはJRが考えることだ」

 --静岡工区の着工遅れは沿線自治体に影響を与えている

 「その責任を静岡県に求めるのはおかしい。事業者がきちんと対応すればいいだけだ。静岡県がむちゃを言っているわけではない」

 --着工までどのくらい時間がかかるのか

 「水資源についてはJRがきちんと説明すれば1年もかからない。生態系はJRから一向に資料が出ないので協力のしようがない。水問題がクリアになっても生態系があるので、次には進めない」

(聞き手 那須慎一、田中万紀)