露女性ジャーナリストが焼身自殺 政権側捜索に抗議か

焼身自殺したイリーナ・スラビナさん

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア西部ニジニーノブゴロドで2日、地元オンラインメディア「コザ」編集長、イリーナ・スラビナさんが焼身自殺した。同メディアが伝えた。スラビナさんは1日、露国外の反体制派団体をめぐる事件の関連で治安当局の家宅捜索を受けていた。

 スラビナさんは自殺前、自身のフェイスブックに「私の死でロシアを罰してください」と書き込んでおり、捜索に抗議するための自殺とみられる。同市では公園建設への巨額支出をめぐる地元住民の抗議活動が起きていた。

 同メディアによると、治安当局は「抗議活動は刑法で禁じられた国外の反体制派団体からの財政支援を受けている疑いがある」とし、抗議活動に関与した実業家の男性を刑事訴追。この事件との関連で、治安当局はスラビナさんに反体制派団体が作成したパンフレットの提供を求めていたという。

 スラビナさんは提供に応じなかったとみられ、1日に自宅の捜索を受け、パソコンなどを押収された。スラビナさんは2日、治安当局の建物前で自身に火を付けた。救助に駆け寄った通行人らには離れるよう促したという。スラビナさんのフェイスブックには同日、2千件以上の追悼コメントが寄せられた。

 インタファクス通信によると、治安当局は「彼女は容疑者ではなく証人で、捜索と自殺を結びつける根拠はない」とコメントした。

 支持率低下が続くプーチン政権は近年、テレビや新聞よりも反体制色の強いオンラインメディアに対する言論統制を強化している。

©2020-2022 The Sankei Shimbun. All rights reserved.