「人事は話せる内容に限界」 学術会議任命見送りで加藤官房長官

会見に臨む加藤勝信官房長官=2日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=2日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は2日午前の記者会見で、日本学術会議が推薦した新会員候補のうち、6人の任命を政府が見送ったことについて「人事の話になれば当然、話せる内容には限界がある。その中で、できるだけの説明は行っている」と述べ、個別の理由は明かさなかった。

 加藤氏は、任命見送りが学者を萎縮させるとの批判に対しては「直接、そうしたことにつながるものではない」と反論。また「私自身は決裁の段階で説明を受けた」と語り、任命権者である菅義偉首相から事前の相談はなかったとした。