村上春樹さん賭け3番人気 8日発表のノーベル文学賞 - 産経ニュース

メインコンテンツ

村上春樹さん賭け3番人気 8日発表のノーベル文学賞

イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式後、ファンや報道陣に囲まれる村上春樹さん2009年2月15日、エルサレム(共同)
イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式後、ファンや報道陣に囲まれる村上春樹さん2009年2月15日、エルサレム(共同)

 8日に発表されるノーベル文学賞で、英ブックメーカー(賭け屋)、ナイサーオッズの1日現在の受賞者予想によると、作家村上春樹さんは3番人気となっている。トップは、カリブ海のフランス海外県グアドループ出身の女性作家マリーズ・コンデさん。

 コンデさんの賭け率は5倍で、次いでロシアの女性作家リュドミラ・ウリツカヤさんが6倍。村上さんと、カナダの女性小説家で詩人のマーガレット・アトウッドさんがともに7倍、ケニア出身の作家グギ・ワ・ジオンゴさんが9倍と続く。

 予想に村上さん以外の日本人は含まれていないが、韓国の詩人、高銀さんや中国の作家、閻連科さんらも名を連ねた。賭けの人気と実際の受賞者は必ずしも一致しない。

 文学賞を含む今年のノーベル各賞受賞者は5日から発表される。(共同)