インドネシア、ボツワナに届け コロナで帰国の青年海外協力隊がリモート指導

インドネシア、ボツワナに届け コロナで帰国の青年海外協力隊がリモート指導
インドネシア、ボツワナに届け コロナで帰国の青年海外協力隊がリモート指導
その他の写真を見る (1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際協力機構(JICA)が派遣する「青年海外協力隊」のスポーツ分野で貢献する指導者ら約230人全員が帰国を余儀なくされている。来夏の東京五輪や地元の大会など、それぞれの目標に向かって努力を重ねてきた教え子たちとの突然の別れ。「何とか指導や普及を続けたい」と、日本から動画配信やビデオ会議を活用し、支援を継続する動きが出ている。

 インドネシアのマカッサルでアーティスティックスイミング(旧称・シンクロナイズドスイミング)を指導する隊員の小野祥子さん=横浜市=は週4回、自宅でパソコンを開き、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を活用した指導を行う。「手の指先はまっすぐではなく、少し小指を上げて」。現地のコーチの協力も得て、選手に細やかな動きを正確に伝える。

 指導の対象は、10代を中心とした地域を代表するチームの選手たちだ。コロナ禍で来秋に延期となったインドネシア全国大会での優勝を目指している。

 11歳から競技に打ち込んだ小野さんは高校3年で選手を引退し、日本国内で指導者に転身。2016年に個人契約でインドネシアへ指導に出向いたことがきっかけで、19年9月からは青年海外協力隊員として渡航し、指導を行ってきた。

 現地の競技レベルはまだ高くない。技術面や競技のベースとなる筋力、専門的な知識が足りず、競技レベルが高い日本から来た小野さんへの期待は大きかった。現地では軍施設のプールが使用でき、「水深も5メートルあり、練習環境は良かった」(小野さん)。

 しかし、指導開始から数カ月。世界的な新型コロナの感染が深刻化する。インドネシアでは当初、中国や日本など「海外の感染症」との認識が強かったというが、3月上旬にジャカルタで感染者が確認され、日本人と接触していたとのニュースが流れた。小野さんは周囲への配慮から、練習参加を自粛せざるを得なくなった。

会員限定記事会員サービス詳細