東証売買停止、中国国営通信が速報 上海、香港市場は休場

取り引きが停止され、銘柄に数字が入っていない株価ボード=1日午前、東京都中央区の東京証券取引所(萩原悠久人撮影)
取り引きが停止され、銘柄に数字が入っていない株価ボード=1日午前、東京都中央区の東京証券取引所(萩原悠久人撮影)

 中国国営通信の新華社は1日午前、東京証券取引所の売買停止を速報した。上海と香港の株式市場は国慶節(建国記念の日)の連休に伴い予定通り休場となったが、中国の金融当局はアジア経済への影響を注視しているとみられる。

 新華社はシステム障害が原因だと伝え、札幌、名古屋、福岡の証券取引所でも売買停止したと報じた。

 中国本土と香港は1日から国慶節の連休で、上海市場は9日、香港市場は5日に取引を再開する。中国政府は新型コロナウイルス感染症の影響で打撃を受けた経済を回復させるため、国内金融市場の安定化を重要課題と位置付けている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細