工事現場の金属パイプ落下、2人けが

 29日午後4時45分ごろ、神戸市東灘区住吉本町のビル工事現場で「資材が落下して通行人がけがをした」と119番があった。兵庫県警東灘署によると、引き上げ作業中だった金属製のパイプ1本(重さ約14キロ、長さ約3・7メートル)が約16メートルの高さから落下。通行人の無職女性(44)が首などを強く打ち軽傷、医師の男性(70)が右手を打撲するけがをした。いずれも命に別条はない。同署が業務上過失致傷などの容疑を視野に関係者から事情を聴いている。

 同署によると、ビルの外壁を点検する工事のために足場として設置するパイプ4本をワイヤで引き上げる作業の途中、1本が5階付近から落下したとみられる。同署が当時の詳しい状況を調べている。