「釣りキチ三平」矢口高雄さんが画業50年で半生記

「マンガ万歳」の表紙
「マンガ万歳」の表紙

 「釣りキチ三平」で知られる漫画家、矢口高雄さん(80)が画業50年を記念し、半生記「マンガ万歳」(秋田魁新報社・1430円)を出版した。自然と人間の関わりを描いてきた漫画家人生を語っている。

 矢口さんは雪深い秋田県横手市の農家の長男として生まれた。高校卒業後、12年銀行に勤めた後、漫画家デビュー。本書には、「釣りキチ三平」に登場する幼なじみの少女ユリッペは妻がモデルで、ペンネームを命名したのは梶原一騎さんだったことなどエピソードが満載。72歳で描いた未完の作品「雨沼のうろこ剥ぎ」の一部も収録されている。

 矢口さんは「手塚治虫先生に勝てるのは、秋田の農村の話しかないと思って描いてきた。遅咲きのデビューについても語ったので読んでほしい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細