国鉄時代から続く「105系」迫る和歌山ラストラン

国鉄時代から続く「105系」迫る和歌山ラストラン
国鉄時代から続く「105系」迫る和歌山ラストラン
その他の写真を見る (1/5枚)

 いまも通勤・通学電車としてのイメージが強い、旧国鉄時代から続くJRの車両「105系」。西日本を中心に導入されたが、老朽化などで新型車両への置き換えが進み、近畿圏で現在走るのは紀勢線の和歌山県内区間のみだ。その貴重な車両も来春、新車両への置き換えが今年8月に正式発表された。長年〝地域の足〟として活躍してきた車両の引退に、利用者からは「さみしい」「お疲れさま」と惜しむ声が上がっている。

(藤崎真生)

 JR西日本などによると、105系は車体や設備の老朽化が進んだローカル線の置き換え用として、国鉄時代の昭和56年ごろに製造された。

 新規製造の3扉車タイプと、「103系」を改造した4扉車タイプがあり、西日本のローカル線を中心に導入された。こうした経緯から、同じ105系でも正面から見た「顔」が違う車両が含まれるというケースも。内部のロングシートは、いまも通勤・通学電車のイメージとして定着している。

近畿圏では、紀伊半島の海岸部を一周する紀勢線や和歌山線(奈良県・王寺-和歌山)などで導入された。

×   ×   ×

 しかし和歌山線では昨年9月末、105系が引退。新型の「227系」に置き換えられた。

 JR西日本によると、管内に現在も残る105系は約50両で、近畿圏では和歌山県の紀勢線の紀伊田辺-新宮を走る14両のみ。その紀勢線でも来春の新車両導入が8月27日、発表された。