東京・港区議に罰金15万円 下半身露出で

 川崎簡裁は28日までに、少女に下半身を露出したとして、公然わいせつ罪で略式起訴された東京都港区の赤坂大輔区議(48)に、罰金15万円の略式命令を出した。略式命令は23日付。

 赤坂区議は、日本維新の会に所属していて、東京1区の支部長を務め次期衆院選で公認候補となる予定だったが、神奈川県警に公然わいせつ容疑で逮捕され、同党が除名処分とした。

 起訴状によると、8月6日、川崎市の駐車場で、下半身を露出したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細