【書評】『百年と一日』柴崎友香著 周到、緻密な時空の物語 - 産経ニュース

メインコンテンツ

書評

『百年と一日』柴崎友香著 周到、緻密な時空の物語

 不思議な魅力に満ちた33編の物語が収められている。どれも掌編だが、ほとんどのタイトルがとても長い。例えば、「一年一組一番と二組一番は、長雨の夏に渡り廊下のそばの植え込みできのこを発見し、卒業して二年後に再会したあと、十年経って、二十年経って、まだ会えていない話」とか、「二人は毎月名画座に通い、映画館に行く前には必ず近くのラーメン屋でラーメンと餃子とチャーハンを食べ、あるとき映画の中に一人とそっくりな人物が映っているのを観(み)た」というように。

 はたしてタイトルと呼ぶべきか、この数行だけですでに物語のように感じられる。読む前にネタバレされているようなものだが、本編を読む楽しみが減じるどころか、この物語を読んで自分は何を感じるのだろうと、なお一層引きつけられる。

 それは独特の筆致から生まれる効果なのだろう。静かに淡々と、起きたことだけが描かれている。登場するのは「娘」「父の祖父」「三人の中学生」といった抽象的な人物で、「加藤」などと名づけられていても、性格づけは一切されていない。

 読者は書かれている以上に想像し、自分の過去にもどこか似たような出来事があったことを思い出す。実に些細(ささい)な日常のひとこまが物語の起点となり、やがて唐突とも感じられるほどぷつんと話は途切れて、その人たちの物語がその後もずっとつづいていることを感じさせる。

 一冊に多くの作品が収められている本は、どこから読み始めても構わない場合もあるが、この本は違う。物語の時間軸と空間、起きる出来事が著者によって周到に、とても緻密に組み立てられている。最初はごく身近に感じられるように、読み進めるうちに、「こわい」と「きれい」が同居した光景が描かれ、ごく普通の市井の人であった祖父母の日常に戦争が介入する。新聞に載るような事件も、引っ越しやカフェに座るのと同じような熱量で、物語の時間軸の中で語られる。

 ある一日は百年の物語の始まりかもしれず、ただ中であることも、帰結ともなり得る。わずか一日に百年と違わぬほどの物語が詰まっていることもある。人生として生きる日々が、物語そのものなのだろう。(筑摩書房・1400円+税)

 評・青木奈緒(文筆家)